山岳保険・掛け捨て保険の紹介

※このページで掲載している保険料、補償額等は2015年6月18日時点のものです。

1.救助と保険について知っておこう

Q1. 山岳保険って何?

山岳保険の定義はありませんが、ここでは「登山中の怪我や、遭難救助にかかった費用を補償する保険」とします。

Q2. 山岳保険に加入したほうがいいの?

山に入るなら加入をおすすめします。理由は2つあります。

  • 登山経験に関係なく、誰にでも遭難の可能性がある。
  • 遭難時の救助費負担の軽減。
Q3. 救助にかかった費用って遭難者が負担するの?無料じゃないの?

状況によります。以下のどちらかであれば、救助費は税金でまかなわれます。

  • 公的機関(警察・消防・自衛隊)のみが救助活動を行い、民間に協力要請をしなかった場合。
  • 災害救助法が摘要された場合。
    (例:2015年5月 口永良部島噴火、2014年9月 御嶽山噴火)

公的機関の要請により民間が出動した場合、民間の救助費は「原則として」遭難者や家族などの要請者が負担しなければなりません。

Q4. 民間の救助費は、いくらぐらいになるの?

ケースバイケースですが、数十万円は珍しくありません。民間ヘリが出動し捜索が長期間に及ぶと、もう一桁増える可能性があります。実際、多くの保険が救助費の補償上限額を100万~300万円に設定しています。

救助費の内訳は日当(人数×日数)、消耗品費、交通費、宿泊費、保険費、ヘリ運行費などです。特に民間ヘリは多額の費用が発生するため、要請者に出動確認をとることもあります。

Q5. 救助費を補償する保険に入りたい。どうすればいい?

手段として以下の3つがあります。

  1. 救助費補償に特化した保険に入る。
  2. 救助費も補償対象のレジャー保険などに入る。
  3. 旅行保険などに、自分で救助費補償の特約をつける。

便宜上、このページでは1の救助費補償に特化した保険を「特化型」、2・3のような救助費以外の補償もつく保険を「総合型」と呼ぶことにします。

特化型は総合型との併用が可能です。費用はかかりますが、お互いの弱い部分を補うことができます。

Q6. 保険期間と保険料の目安は?

期間、保険料のおおよその目安は以下の通りです。

保険タイプ保険期間保険料
救助費特化型1年間3,000円前後~5,000円
総合型1日~数日500円前後~数千円
1年間3,000円前後~数万円

ここからは、特化型と総合型それぞれを簡単に紹介します。

2.救助費補償に特化した保険の解説

特化型は遭難救助の補償範囲が広く、安心度の高い保険と言えます。

特化型の長所

  • 山での活動を幅広くカバーする。登山全般をはじめ、冬山雪山登山、沢登り、山スキー&スノーボード、トレイルランニング、ロッククライミング、マウンテンバイク、山菜採りなど。
  • 登山の形態や用具の使用の有無を問わない。
  • 道迷い、病気による遭難も補償対象。
    ※山岳遭難の原因トップは道迷いです。

特化型の短所

  • 救助費以外の補償は一切ない(入・通院費、個人賠償など)。
  • 支払いは年間一括のみ。登山1回ごとの支払いはできない。

特化型の注意点

  • 国内の活動のみが対象です。
  • 既往症、持病等は減額される可能性があります。

3.特化型保険の紹介

日本費用補償少額短期保険(レスキュー保険)

入会金無料
保険料(年額)5,000円
救援者費用補償300万円まで(自己負担額3万円)

滑落、転倒、転落はもちろん、道迷いや病気、落石、雪崩、落雷、悪天候など、遭難の原因を問わず補償します。保険料の払込の翌日午前0時から補償開始。

日本山岳協会山岳共済会

入会金無料
年会費1,000円(18歳未満は500円
保険料(年額)2,240円~
救援者費用補償100万円~500万円

救助費補償のほか、個人賠償も補償対象です。「登山コース」と「ハイキングコース」では、救助費の補償範囲が異なるので注意してください。

日本山岳救助機構(jRO)

入会金2,160円
保険料(年会費)2,160円+事後分担金
救援者費用補償330万円まで

保険や共済ではない、会員制の山岳遭難対策制度です。病気による遭難も補償対象です。ただし、既往症に起因する場合は削減される可能性があります。入会金と年会費は団体割引(10名以上の団体)、家族割引があります。

4.総合型保険(レジャー保険、旅行保険)の解説

いわゆる「レジャー保険」「旅行保険」が総合型の保険になります。

総合型の長所

  • 日帰り登山・ハイキング用の掛け捨て保険として使いやすい保険料。
  • 救助費以外の補償もつく。
  • 登山以外の活動(旅行、アウトドア活動など)にも摘要される保険が多い。

総合型の短所

  • 病気による遭難は補償されない保険が多い(例:高山病、熱中症、疲労、靴擦れ、脳卒中、心不全など)。

総合型の注意点

総合型には注意すべきポイントが2つあります。

1.病気による遭難は補償されない

総合型保険の多くは、補償条件を「急激かつ偶然な外来の事故」としています。そのため、病気による遭難は補償されません。

2.活動内容によっては補償されない

ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用する、山岳登はんの行程中で発生した遭難については、ほとんどのレジャー保険で補償対象外です。

また、単に上記の登山用具を使わなければいい、というわけでもありません。

たとえ登山用具を使用しなくても、雪山登山、沢登り、山スキー、クライミングなどは補償されない可能性があります。

一方で、軽アイゼン(靴に装着するスパイク)を使っても、夏山で登山道を歩くのならば、補償範囲内とみなされる場合もあります。

自身の活動が補償対象かどうか心配なときは、事前に保険会社に確認することをおすすめします。

5.総合型保険の紹介

以下の2つに分けて紹介します。

  1. 救助費補償を含む保険
  2. 自分で救助費補償の特約をつける保険

1.救助費補償を含む保険

保険名保険料保険期間救援者費用補償備考
ドコモ ワンタイム保険 『スポーツ・レジャー保険(しっかり)』590円1泊2日まで200万円※1
au損害保険 『旅行の保険(国内旅行)』199円~日帰り~100万円~※2
ソフトバンクかんたん保険 『スポーツ・レジャー保険』300円~1泊2日まで100万円~※3
エイチ・エス損保 『国内旅行総合保険』330円~日帰り~100万円※4
木村総合保険事務所 『登山・ハイキングの保険』3,000円1年間500万円※5
Yahoo!ちょこっと保険 『山大好きプラン』440円~1ヶ月~100万円~※6
  • ※1 申し込みは、iモードもしくはspモードに対応した端末からのみです。
  • ※2 auだけでなく、ドコモやソフトバンクのスマートフォンからでも申込みできます。スマートフォン以外にもタブレット、パソコンからも可能です。
  • ※3 ソフトバンクの3Gおよび4Gサービス契約が必要です。プリペイド契約では保険を利用できません。
  • ※4 決済方法はクレジットカードのみです。
  • ※5 複数年加入の割引があります。山岳登はん用の保険も扱っています。
  • ※6 Yahoo!プレミアム会員のみ加入できます。プレミアム会員は月額料金が発生するため、会員でない方が保険目的で加入すると割高になります。

2.自分で特約をつける保険

以下の保険は、基本プランに救助費の補償がありません。救助費の補償は、「遭難捜索費用担保特約」などをつける必要があります。

6.最後に

山岳保険も他の保険と同じように、万人に合う保険はコレ、という結論は出せません。計画している活動と補償内容をよく検討して、納得できる保険を選んでください。

検討の際は、ご自身または家族が、既に同種の補償・特約等を契約していないか、必ず確認してください。補償内容が重複すると、保険料が無駄になる可能性があります。