山座同定

山座同定(さんざどうてい)とは、ある地点から見える山の名前を確認する作業のことです。

最終的に山の名前が分かればいいので、やり方は目的地の方向確認の手順でも、もちろん構いません。

ここでは上記の方法とは逆の、「実際に見て山の角度を出す」→「地図で名前を確認する」の手順を解説しています。

注意

このページの方法は、以下の2点をクリアしているのが前提です。

  1. 地図上で現在地が正確に分かっている。
  2. 地形図に磁北線が引いてある。

山座同定の手順

1.目標に向く

  • コンパスを正しくもち、目標となる山の方向に正面から向く。
  • コンパスの進行線と視線を一致させる。

2.回転盤を回す

  • 回転盤を回し、コンパスの赤針と回転盤の矢印をピッタリ重ねる。

3.地図の上にコンパスを置く

  • 地図を平らな場所に置き、地図上の現在地にコンパスの長辺を当てる。

4.コンパス本体を回す

  • 地図上の現在地が回転の中心となるように、回転盤の矢印と磁北線が平行になるまで、コンパス自体を回す。(リングは回さない。)
  • この時、進行線の向き注意。180度反対の方向を向かないように。

5.確認

  • 回転盤と磁北線が平行になれば、コンパスの長辺の延長線上に、目標の山があることになります。