アウトドアの紫外線対策

このページのまとめ

  • 紫外線は健康に有用な面もあるが、浴び過ぎると悪影響。
  • 標高が高いと紫外線も強くなる。
  • 日焼け止めを塗り、長袖などで肌の露出を減らそう。

紫外線のよい影響、悪い影響

紫外線に適度に当たる習慣は、健康的な生活につながります。

美容の面でも、ビタミンDの合成や新陳代謝の促進など、大変有益です。

しかし、過剰な紫外線照射は肌荒れ、シミなどの原因になります。これらは肌の自然な老化とは区別され、「光老化」と呼ばれます。

最低限の紫外線対策は、やはり必要です。

紫外線の知識

対策の前に、まずは紫外線の基礎知識を押さえておきましょう。紫外線の主な特徴は以下の通りです。

紫外線の特徴

  • 紫外線は目には見えない。紫外線とまぶしさとは関係がない。
  • 季節では5~8月の夏の時期に多い。
  • 紫外線量は、1日の中では正午頃に最大となる。
  • 空を雲が覆っていても、薄曇りなら紫外線の80%以上が雲を通過する。
  • 山は涼しくても紫外線が強い。標高が1,000m高くなるごとに、紫外線は約10%強くなる。

紫外線の種類

紫外線は大きく3つに分類されます。

分類 波長 主な害
UVA 315nm~400nm シワ、シミ、日焼け(黒)
UVB 280nm~315nm シミ、シワ、日焼け(赤)、皮膚ガン
UVC 14nm~280nm オゾン層に遮られ地上に届きません。

紫外線対策

日焼け止めクリームを使う

ハイキング中は汗で溶け落ちるので、2~3時間ごとに塗り直す必要があります。うなじ、手の甲もお忘れなく。

日焼けのタイプ SPF PA
赤くなり、黒くなりにくい人 50 +++
程々赤くなり、程々黒くなる人 30 +++
赤くならずに、黒くなる人 20 ++
  • ※SPF…UVBを防御する基準
  • ※PA…UVAを防御する基準

しっかりした生地の衣服を着る

しっかりした織目や編目の生地であるほど、皮膚に到達する紫外線は少なくなります。薄手の生地でも、UVカット素材のものも販売されています。

また、襟付きのシャツのように体を覆う部分が多い方が、首や腕、肩を紫外線から守ってくれます。襟なしの場合は、タオルなどを首にかけるとよいでしょう。

首には体温調節をつかさどる中枢があるので、直射日光による首の温度上昇を防ぐのにも役立ちます。

帽子をかぶる

夏場に使用するなら、素材の発汗性にも気を使いたいところ。風で飛ばないように注意しましょう。

サングラスを利用する

サングラス購入のポイントをご覧下さい。