三角点と水準点

このページのまとめ

  • 三角点は平面位置の基準。
  • 水準点は高さの基準。

地図作成や測量の基準

地図作成や各種測量の基準となるのが、基準点とよばれるものです。ここでは基準点の中でも登山やハイキングと関係が深い、三角点と水準点について簡単に解説します。

これらは国の財産なので、大切に扱いましょう。

三角点

三角点の写真はこちら。(国土地理院)

三角点とは、三角測量により平面位置を求めた基準点です。三角点には標石と呼ばれる石柱が埋め込まれ、その位置を示します。

三角点は重要度や性質から一等から四等までの4種類があり、全国に約10万近くあります。山頂付近に設置されていることが多いですが、必ずしも頂上にあるとは限りません。ハイキングや登山で三角点を探すのも、ちょっとした楽しみになります。

水準点

水準点の写真はこちら。(国土地理院)

高さの基準となるのが水準点です。全国の主要道路に沿って設置されており、あまり高い場所には置かれていません。全国に約2万6000ほど設置されています。

ちなみに、日本の高さの基準(水準原点と呼びます)は、永田町の国会前庭北地区内にあります。原点の高さは24.4140mで、これは東京湾の平均海面から割り出したものです。