救急法講習会への参加

いざという時の心肺蘇生法を身につけるためには、やはり実技を通し、体で覚えることが重要です。

ここでは、心肺蘇生法やAEDの使い方を学べる講習会を3つ紹介します。

消防署の講習

普通救命講習、上級救命講習の2種類があります。

申し込み方法は自治体や消防署のホームページで確認、または電話で消防署までお問い合わせください。

消防署の講習は無料の場合が多いので、ご家族や友人を誘って参加してみてはいかがでしょうか。

講習の内容

講習名 時間 内容
普通救命講習 約3時間 心肺蘇生法、AEDの実技など。
上級救命講習 約8時間 傷病者管理、傷の手当て、搬送法など。

日本赤十字社の講習

日本赤十字社のホームページ

各都道府県支部ごとに開講されています。救急法は一般講習、救急員養成講習の2種類に分かれます。どちらも満15才以上が条件です。指導員を派遣してもらって、講習会を開催することも可能です。

講習の内容

講習名 時間 内容
一般講習 約5時間 心肺蘇生法と止血が中心が中心。
上級救命講習 約18時間 心肺蘇生法、止血、包帯、骨折・捻挫、搬送法など。

メディック・ファーストエイド

メディック・ファーストエイド(MFA)のホームページ

メディック・ファーストエイド(MFA)はアメリカで生まれた、一般市民レベルの応急救護の訓練プログラムです。世界140ヶ国以上で普及し、先進諸国の多くの公的機関で採用されています。

日本の企業ではANA(全日本空輸)、セコム株式会社などが採用し、アウトドア業界では東京都山岳連盟、北海道山岳ガイド協会などが採用しています。